マンション管理会社見直しガイド » マンション管理組合の困った!トラブル事例 » ペット飼育のトラブル

公開日: |最終更新日時:

ペット飼育のトラブル

マンションにみられるトラブルの中でペット飼育に関する問題とその解決に至った経緯について紹介します。

マンションのペット飼育問題とは

ペット禁止のイメージ画像

近年ではペット飼育可の物件も増えてきてはいるものの、ペットの飼育を認めていないマンションでこっそりペットを飼育していたとして問題になるケースは今も後を絶ちません。

最近では、ペットも共存する家族として飼育を認めているマンションはかなり増えました。時代の流れに伴った変化とも言えますが、やや古いマンションでは「小鳥及び魚類以外の動物の飼育は禁止」と明記されているところも少なくありません。

多くの管理組合では、規約にのっとって運営を行っていますので、あくまでもペット飼育は不可との姿勢でトラブルになるケースも…。

ペット飼育の問題点としては、糞尿の処理や匂い、毛の飛散、アレルギー発生の懸念、衛生上の問題などが取り上げられます。

しかしその反面、高齢化や少子化の波でペットに癒しを求める家庭も増えており、ペット飼育を希望する声もたかまりつつあるため、管理会社の手腕が問われる問題でもあるようです。

実際に合った例を紹介

あるマンションで、ペット不可にもかかわらず飼育していると問題になったケースがありました。

管理組合としては、規約に不可と記載されている以上ペット飼育を特例で認めるわけにはいかないとの姿勢でした。場合によっては、強制退去なども視野に入れなければならず簡単には結論は出せない状況にありました。

そこで管理会社に相談したところ、まずはアンケート調査の実施を提言しました。管理会社の協力のもとに居住者全員に直接アンケートを取ることによって、ペットの飼育に対する意見を求めたものです。

その後、飼育していた人を含め、管理会社のフロント担当者と複数回検討会議を行いました。その結果、「犬猫特例飼育細則案」という案を作成して総会にかけ、決議の運びとなりました。決議内容は以下の通りです。

  • ペット不可の規定は変えず、現状で飼育している犬猫一代に限っては飼育を認める特例とすること
  • 認められた犬猫は、必ず登録を行うこと
  • 新規で飼育することは認めない
  • 飼育者はペットクラブを組織して互いに管理責任を担う
  • トラブルについては自己責任で処理する
  • 適切な飼育がおこなわれていない場合には、飼育許可を取り消し、駐車場使用契約を解除する

この決議以降、ペットクラブの代表者が総会でその年の活動報告を行うことようになりました。このように管理会社の協力を得て、よい方向に解決することができました。

しかし、中にはこのような温情的な措置を破り、新規にペットの飼育を始めた居住者が現れるケースもありました。このケースでは裁判となり、管理組合の勝訴となりました。

ペット問題は、処分となれば命に関するものなので話し合いは困難を極めることが多いものですが、管理会社に協力を求めることでこれまでのノウハウをもとにしたアドバイスからよい解決策が生まれることもあります。

参照元:大判例法学研究所
(https://daihanrei.com/l/横浜地方裁判所 平成元年(ワ)1101号 判決)

このページを見た人はこちらもチェックしています