これからの時代のマンション管理方法ガイド » マンション管理組合の困った!トラブル事例 » 生活音のトラブル

生活音のトラブル

マンションに見られるトラブルのトップに上げられる生活音に対する管理組合の対応事例を紹介します。

生活音はトラブルのトップ

生活音トラブルのイメージ画像

マンションを始めとする集合住宅では、様々な人が暮らす中で発生する生活音からトラブルになることがあり、中には事件になったケースもあるほど。

生活音としてよくあげられるのが、足音や音楽、テレビ、ピアノ(楽器)の音などです。そこで、最低限の対策としては具体的なルールを定めておくことです。

例えばピアノの練習は何時から何時までの間に行う、といったかなり具体的な内容になりますが、トラブルを回避するためにはやむを得ないといえるでしょう。

しかし、それでも日常的に生活音は発生するものです。そこで必要に応じて管理会社などに仲介やアドバイスを求めることが必要です。管理会社や場合によっては行政などのアドバイスをもとに細則を決め、広報などで居住者に周知徹底することが大切です。

生活音トラブルの解決事例

3階に居住していた人が、リフォームによって部屋の床を絨毯からフローリングへと変えました。ところが、それまで気にならなかった足音が響くようになったと下の階の居住者から苦情がくるようになりました。

初めは終始謝っていた3階の居住者でしたが、互いにストレスが溜まる一方でしまいには対立関係になってしまったそうです。

2階の居住者は、はじめに管理組合に相談。管理組合から3階の居住者に対して足音について苦情が出ている旨の通知をしたところ、「音は立てていない」「神経質すぎる」といった反論が出て平行線のままになりました。

そこで、管理組合は管理会社に相談をしたところ、管理会社が理事立会いのもと、双方で話し合う場を設定してくれました。話し合いでは、双方の言い分を管理会社が確認し、互いの要望を聞き取りました。

ここでわかったことがひとつ。床工事をする際に3階の居住者がフローリングにする旨の告知をしてなかったことや、事前対策を施していなかったことがあります。工事は管理組合に届け出の義務がありますが怠っており、階下の居住者の許可も得ていませんでした。

管理会社は3階の住人に「絨毯に戻す必要はないが防音措置をする」ことを提言しました。また、「大がかりな工事はできない」という3階の居住者に対して、次の3点を提案しました。

  • 簡易防音対策としてカーペットを敷く
  • スリッパを使用する
  • 夜間の移動には注意を払う

これらの提案のおかげで、事態は収拾しました。もし管理会社の提案がなければ、裁判への発展も予想される事態でした。

このようにマンションでは、周辺住民への配慮や管理組合への報告義務を怠ってはならないということを教訓としなければいけないでしょう。

たくさんの居住者が暮らす場所であり共有財産であるがゆえに、目に見えない部分も共有していることを忘れてはいけません。

監修

マンション管理士
武居知行氏

幅広い知識・経験を備えた
頼れるマンション管理士

マンション管理士武居知行氏の顔写真

株式会社
メルすみごこち事務所
武居 知行

不動産会社、マンション管理会社に勤務経験があり、マンション管理士だけでなく、宅地建物取引主任者・管理業務主任者・CFP®の資格を所有する武居氏。
マンション管理に関するお悩みはもちろん、ファイナンシャルプランナーの視点からお金関係の悩みの解決にも力を発揮しています。

このページを見た人はこちらもチェックしています

マンション管理の強力助っ人アプリ クラセル