これからの時代のマンション管理方法ガイド » マンション管理会社のサービス内容とは? » フロント担当者業務

フロント担当者業務

マンションの管理会社から配置されるフロント担当者の業務について、具体的に説明します。

円滑な組合運営をサポートするフロント担当者

管理会社のサポート担当となる「フロント担当者」は、管理員や管理組合の理事会と協力して、マンションライフの向上をサポートしてくれる管理会社の営業マンのこと。担当するマンションの管理組合運営を最前線でサポートしてくれます。

フロント担当者の業務とは

一般的にマンション管理会社のフロント担当者が行う業務は主に以下のようなものが挙げられます。

担当マンションの総会や理事会の運営・議事進行

各マンションの管理組合がスムーズにマンション運営を行えるよう、課題の解決を目指した話し合いへ誘導します。

担当マンションの巡回

管理員と日常の管理業務について相談したり、建物の異常を見つけたり、居住者のニーズを把握するために担当しているマンションを巡回します。

各種相談への対応

各マンションの管理員や居住者から寄せられた相談に、丁寧に対応します。

このほか、会社によっては未納管理費の督促や管理組合の予算案・決算案の作成・提案、管理組合の収支計算、設備の点検、大規模修繕の提案なども、フロント担当者が行う範囲は会社により異なり非常に多くの業務を担当するケースもあるようです。

フロント担当者に頼りすぎないこと

管理会社から配置されているフロント担当者は、担当しているマンションについてのあらゆる情報を把握していることが必要とされます。

たとえば、過去に行った設備修繕の履歴ひとつにしても、フロント担当者は把握しておくことが要求されます。そのため、責任感を持って仕事を行ってくれる人は、信頼されることでしょう。

ただし、このような業務の進み具合はフロント担当者の資質によっても異なります。優秀なフロント担当者でしたらこなすことのできる業務でも、人によっては管理組合が満足するような結果を出すことができないケースもあるようです。

フロント担当者は管理会社が決定して派遣するものです。管理組合側としてはいかに上手にお付き合いしていくかがポイントとも言えます。また、管理会社に利益を持って帰る営業マンであることも忘れてはなりません。

監修

マンション管理士
武居知行氏

幅広い知識・経験を備えた
頼れるマンション管理士

マンション管理士武居知行氏の顔写真

株式会社
メルすみごこち事務所
武居 知行

不動産会社、マンション管理会社に勤務経験があり、マンション管理士だけでなく、宅地建物取引主任者・管理業務主任者・CFP®の資格を所有する武居氏。
マンション管理に関するお悩みはもちろん、ファイナンシャルプランナーの視点からお金関係の悩みの解決にも力を発揮しています。

マンション管理会社のサービスについてもっと知る

マンション管理の強力助っ人アプリ クラセル