マンション管理会社見直しガイド » マンション管理で直面する主な問題点 » マンションの大規模修繕

公開日: |最終更新日時:

マンションの大規模修繕

あなたのマンション、こんなことありませんか?

  • 修繕計画がなかなかまとまらない
  • 大規模修繕工事費の見積もりが高額
  • 計画ミスによる積立金不足
  • 施工中・施工後のクレーム

これらの項目に心当たりのあるマンションは、管理会社や管理方法を変更することで改善する可能性があります。

マンション大規模修繕の際に起こりうるトラブルとは?

修繕計画がなかなかまとまらない

マンションの管理組合の役割の一つに「大規模修繕工事の計画・実施」がありますが、多くの方は大規模修繕工事の専門家というわけではなく、修繕箇所について理事会と区分所有者の間で意見が食い違ってしまい、決定までに時間がかかってしまったというケースも多くあるようです。

大規模修繕工事費の見積もりが高額

一概には言い切れませんが、管理会社経由の施工業社による大規模修繕工事は割高になるといわれています。

その理由は、管理会社は管理組合の予算を把握しており、使える金額に合わせて見積もりが出せること。加えて管理会社経由の業者が工事を受注すれば、施工業者・管理会社ともに利益を得られるため、高めの見積もりを出すケースが見られるようです。まれに不要不急のオーバースペックな工事を提案してくる業者もあるとのこと。

特に管理会社が出してくる見積もりをそのまま受け入れているマンションの場合、複数の業者から相見積もりをとっているマンションに比べて高くなるのは当然といえば当然でしょう。

計画ミスによる積立金不足

大規模修繕はマンション毎の長期修繕計画に基づいて決定されますが、その計画自体に不備があったためにいざ大規模修繕の資金計画を立てるという段階で資金不足が露呈したり、当初の計画通りに修繕積立金が集まっていないなどの理由で修繕積立金の不足が発生することがあります。

施工中・施工後のクレーム

大規模修繕工事に伴う、居住者から騒音や臭いに関するクレームは十分に起こり得ます。特に初めての大規模修繕工事の際には、長期間にわたる工事によって居住者はこれまで経験したことのないストレスを感じるかもしれません。

また、修繕箇所の劣化具合によっては工期が延びて追加費用が発生したり、工事が終わってから施工箇所の不具合が見つかってクレームにつながったりというケースもあり得ます。

スムーズに大規模修繕工事を実施するには?

大規模修繕の計画は基本的に管理組合内の理事会や修繕委員会が行いますが、普段忙しくてなかなか話が進まないということもあると思います。

そういった問題を抱えている場合は、信頼できる管理会社にお願いすることで計画通りに物事を進めてくれますし、管理組合の収支の見直しや、修繕工事費用が足りないといった際の捻出方法の検討、さらにクレームの窓口対応なども行なってくれますので、管理組合の負担を大きく減らすことにつながります。

一方で工事費などを一任してしまうことで見積もりが割高になってしまうことも懸念されますので、相見積もりを依頼したり、コンサルタントを公募するなど、自分たちでできることは行なっていきましょう。