これからの時代のマンション管理方法ガイド » マンション管理で直面する主な問題点

マンション管理で直面する主な問題点

このカテゴリーでは、修繕積立金不足や不正会計、管理会社や管理組合の運営に関する問題点など、マンション管理のよくあるトラブルを取り上げて、改善する方法も紹介しています。

修繕積立金の不足

マンション管理組合の修繕積立金が不足するケースでよく見られる事象として、以下の4パターンを取り上げて、資金不足になる理由や注意すべきポイントなどを詳細ページにまとめてみました。

  • 機械式駐車場がある
  • 駐車場使用料の全額を入れないと管理費会計が成り立たない
  • 駐車場の契約率が8割以下
  • 過去に積立金を取り崩して、管理費会計に振替をしたことがある

さらに、赤字マンションにならないための対策として会計管理の方法についても解説しています。

マンションの修繕積立金不足を
解消する手段をチェック!

管理会社の問題

マンション管理会社の対応品質によっては、マンションの日常的な維持管理コストや長期修繕計画などにも差が出るケースは珍しくありません。

特に、管理組合が管理会社に丸投げしている状況が続いていると知らぬ間に問題が累積していることもあるほど。

詳細ページでは以下の4例にフォーカスして管理会社の見直しと課題解決の方法を紹介しています。

  • 分譲時から同じ管理会社で、管理委託契約の見直しを行ったことがない
  • 管理委託料金がずっと同じ、または値上がりしている
  • 長期修繕計画書の見直しを一度も行ったことがない
  • 6ヶ月以上の滞納、1年以上の空室がある

マンション管理会社を
変えるべき兆候をチェック!

会計

マンションの管理組合の会計処理は理事会や管理会社に任せっきりというケースがよくありますが、中には不正会計が行われることもあり、本来は区分住民全員がしっかりチェックすべきもの。

そこで、詳細ページではマンション管理の不正会計が起きるようなケースで、よく見られる兆候を3つほど取り上げてみました。

  • 理事会で月次報告書の確認をしていない
  • 総会で収支決算・予算、賃借対照表、組合預金の残高証明を確認していない
  • 理事長とフロントマンのみで支払いを決済している

また、不正のないマンション管理を実現するための方針やサービスも紹介しています。

マンション管理組合の
会計不正を起こさない方法をチェック!

管理組合の運営

マンションの管理組合の業務は面倒事というイメージもあり、積極的にやりたいという人は多くありません。

だからといって、ずっと同じ人物が役員を続けていたり、逆に短期間で全役員を入れ替えてしまったりすると、管理組合の運営に支障を及ぼすこともあります。

詳細ページでは4つの事象を元にして、何が問題でどういうトラブルになるかを解説しつつ、区分住民全員が自分事化するための体制づくりについても紹介しています。

  • 総会や理事会の議事録が配布・掲示されていない
  • 理事会役員が1年ごとに全員入れ替わる、または同じ人が5年以上続けている
  • 理事会の開催頻度が2ヶ月に1回以下である
  • 直近の総会の出席率が3割以下である(委任状、議決権行使書を除く)

良いマンションにするための
管理組合運営方法をチェック!

マンション管理の強力助っ人アプリ クラセル