これからの時代のマンション管理方法ガイド » マンション管理組合の困った!トラブル事例 » ゴミ出しのトラブル

ゴミ出しのトラブル

マンションには住人だけが使うゴミ置き場が設けられていますが、ゴミ出しにまつわるトラブルはほぼ全てのマンションで起こっていると言えるのではないでしょうか?

ここではゴミ出しのトラブルのよくある例と、その解決方法について説明していきます。

ゴミ出しトラブルの事例

ゴミ出しトラブルのイメージ画像

(1)日時を守らない人がいる

ほとんどのマンション(地域)で、曜日ごとに回収するゴミの種類が決まっています。時間も決まっていて、その時間までに出さなければなりません。

しかし、ゴミを出す日時を守らない人も中にはいて、そのことが原因でトラブルが起きてしまうことがあります。マンションによっては、最初から24時間ゴミ出しができるという触れ込みで販売しているマンションもあります。

例えば、決められた日にゴミを出す場合、可燃ゴミの日に、プラスチックゴミなど別の種類のゴミがあれば、回収されずゴミ置き場に放置されてしまいます。

それが原因で、悪臭が発生してしまい、「ゴミ置き場の近くの部屋の住人から苦情が来る」などということもあるでしょう。カラスなどが荒らしてしまうことも考えられます。

既に回収が終わった時間にゴミを出した場合にも同様です。

(2)ゴミをきちんと分別しない人がいる

ゴミの分別方法は自治体によって異なりますが、最近では以前よりも細かくなっているところが多いです。

そのせいか、十分に分別されていない状態で出されているゴミも見られます。パッと見ただけで分別されていないと分かるものは、まず回収されません。

そのまま放置されることになるため、管理人が分別をしているところもあるでしょう。

毎回のように分別が不十分な状態、または間違った分別をしてゴミを出す住人がいる場合には、管理人や清掃員の負担はかなり大きくなります。

そもそも管理人のなり手は減り、結果管理委託費の増額となります。

(3)マンションの住人以外の人がゴミを捨てて行く

マンションのゴミ置き場は、外部の人でも入って来られる場所に設置されていることもあります。

そのため、本来であれば住人専用のゴミ置き場でも、近隣の誰かが勝手にゴミを捨てて行くケースが見られます。

そのせいで、ゴミを置くスペースが足りなくなって住人が迷惑することもあるでしょう。

また、日時を守らない人や分別をしない人が多く、ゴミが残されていると、マンションの住人ではなく、近所に住む人がそこに捨てに来るというケースもあるかも知れません。

ゴミ出しトラブルの解決方法

(1)貼り紙や通知を行う

日時や分別などゴミ出しのルールを守らない人がいる場合には、貼り紙をするのが一般的です。

ゴミ置き場に、ゴミ回収の日時や分別方法などを大きく分かりやすく記載した、紙を貼っておきましょう。少しスペースがあるなら、右が不燃、左が可燃などとエリアを少し作るのも手です。

また、外国人居住者の場合は文字が読めない場合もあるので、配慮が必要です。

ルールを守らない人の中には、悪いことだと分かっていても、「自分1人くらい構わないだろう。」という勝手な考えの人も少なくありません。

貼り紙により、そういった人に、「みんなが迷惑している」ということをしっかりと伝えることが大切です。貼り紙と合わせて、住人1人1人に通知の紙を配る方法も有効です。

日時を守らない人や分別をきちんとしない人の中には、日時や分別方法を勘違いしている人もいるかも知れません。その場合には、正しい日時や分別方法を伝えるという意味で役立ちます。

また、マンションの住人以外の人がゴミを捨てている疑いがある場合には、住人専用だということを表示しておきましょう。

(2)鍵を取り付ける

貼り紙や通知をしても、「バレなければいい」という考えの人は、改善してくれないかも知れません。

その場合には、鍵を取り付けるという方法があります。決まった日時以外は鍵を閉めておけば、ゴミを出す日時を守らせることができるでしょう。

ただ、この方法では分別をしない人への対策にはならないことが難点です。

また、マンションの住人に問題はなく、近所の人がゴミを捨てて行くのを防止したい場合には、住人に1つずつ鍵を配り、ゴミを出すときに、開閉してもらうようにすることも考えられます。

(3)防犯カメラを設置する

ゴミ出しのマナーがかなり悪いようであれば、防犯カメラの導入も検討するのがいいでしょう。

映像が残ることになるため、分別をしない人がいる場合でも対処できます。カメラがあるということで、抑止力に繋がり、他のルール違反も減るでしょう。

住人以外の近所の人がゴミを捨てて行くのも防止できます。管理人が高齢の場合には、やや難しいかも知れませんが、一度セットしてしまえば、パソコンで簡単に管理できる防犯カメラも多いです。

ただ、プライバシーなどの観点から、防犯カメラの導入に反対する住人も出て来るかも知れません。しっかりと細則などで、どのような時に録画を確認するのか、どのようなときは見てはいけないのかなど詳細を決めておく必要があります。

まとめ

ゴミ置き場にまつわるトラブルの防止には、まず住人1人ひとりがマナーの向上に努めることが大切です。

通知や貼り紙などで、自発的にルール違反を止めるように促しましょう。

本来ゴミは各自がしっかり分別して、指定日に出してもらえれば、そもそもトラブルになる問題ではありません。

監修

マンション管理士
武居知行氏

幅広い知識・経験を備えた
頼れるマンション管理士

マンション管理士武居知行氏の顔写真

株式会社
メルすみごこち事務所
武居 知行

不動産会社、マンション管理会社に勤務経験があり、マンション管理士だけでなく、宅地建物取引主任者・管理業務主任者・CFP®の資格を所有する武居氏。
マンション管理に関するお悩みはもちろん、ファイナンシャルプランナーの視点からお金関係の悩みの解決にも力を発揮しています。

このページを見た人はこちらもチェックしています

マンション管理の強力助っ人アプリ クラセル