マンション管理会社ランキング HOME » 管理会社のタイプ別メリット比較 » デベロッパー系

デベロッパー系

デベロッパー系管理会社とはどのようなものか、そのメリットや管理を検討する際に気を付けたいことを解説していきます。

デベロッパー系管理会社とは

マンション管理会社の分類のうち、デベロッパー系とは、大手の開発業者や不動産業者がグループとして管理を行っている会社です。

親会社が宅地開発やマンション建設した物件をトップダウン方式で請け負って管理するもので、一般的には大手企業が多いといわれています。

親会社が建設したマンションの管理委託契約を受託するケースが多いため、安定した管理契約の供給が行われます。したがって、管理組合や区分所有者側が検討する前に決定されています。

大手企業ならではのメリットもありますが、そこにはやはり注意すべき点もあるようです。特徴をよく知ったうえで、今後の管理をどのようにしていくか管理組合としては状況判断が必要となるでしょう。

デベロッパー系のメリット

デベロッパー系が管理を行う場合には、いくつかのメリットがあります。わかりやすく解説していきましょう。

安定性がある

母体となる会社から安定して管理を委託されるため、安定した受注実績があります。そのため、会社の経営状態も安定しています。

大手企業が多い

やはり母体が大手企業という安心感は大きいといえます。

サービス品質が高い

規模が大きく、ひとつのマンションに関わる人数が多いことから、サービスの品質が高くなります。

フロント担当者の質が一定以上

大きなバックボーンがあり、社員・スタッフの教育にかけられる時間・費用が潤沢にある。そのため、誰が担当者となってもある一定以上の質が担保されています。

気を付けたいこんなこと

デベロッパー系の管理会社を選ぶ際に気を付けたいことを解説します。

管理委託費が高め

サービス品質が高いこともあり、独立系のマンション管理会社と比較すると、10%程度、管理委託費が高く設定されていることが多いようです。

母体となる会社の意思が優先されることが多い

アフターサービスの場面において、母体となる会社の意向を優先することが多いといわれます。

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

評判のマンション管理会社リスト
管理会社のタイプ別メリット比較
知っておきたいマンション管理会社の選び方
マンション管理会社のサービス内容とは?
マンション管理組合の困った!トラブル事例
そもそもマンション管理組合とは?

↑