マンション管理会社ランキング HOME » マンション管理会社のサービス内容とは? » フロント担当者業務

フロント担当者業務

マンションの管理会社から配置されるフロント担当者の業務について、具体的に説明します。

円滑な組合運営をサポートするフロント担当者

管理会社のサポート担当となる「フロント担当者」は、管理員や管理組合の理事会と協力して、マンションライフの向上をサポートしてくれるアドバイザーのこと。担当するマンションの管理組合運営を最前線でサポートしてくれます。

フロント担当者の業務とは

一般的にマンション管理会社のフロント担当者が行う業務は主に以下のようなものが挙げられます。

  • 担当マンションの総会や理事会の運営・議事進行
    各マンションの管理組合がスムーズにマンション運営を行えるよう、課題の解決を目指した話し合いへ誘導します。
  • 担当マンションの巡回
    管理員と日常の管理業務について相談したり、居住者のニーズを把握するために担当しているマンションを巡回します。
  • 各種相談への対応
    各マンションの管理員や居住者から寄せられた相談に、丁寧に対応します。

このほか、会社によっては未納管理費の督促や管理組合の予算案・決算案の作成・提案、管理組合の収支会計、設備の点検、大規模修繕の提案なども、フロント担当者が一人で行うケースもあるようです。

フロント担当者に頼りすぎないこと

管理会社から配置されているフロント担当者は、担当しているマンションについてのあらゆる情報を把握していることが必要とされます。

たとえば、過去に行った設備修繕の履歴ひとつにしても、フロント担当者は把握しておくことが要求されます。そのため、責任感を持って仕事を行ってくれる人は、信頼されることでしょう。

ただし、このような業務の進み具合はフロント担当者の資質によっても異なります。優秀なフロント担当者でしたらこなすことのできる業務でも、人によってはなあなあになってしまうケースもあるようです。

フロント担当者は管理会社が決定して派遣するものですから、管理組合側としてはいかに上手にお付き合いしていくかがポイントとも言えます。

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

評判のマンション管理会社リスト
管理会社のタイプ別メリット比較
知っておきたいマンション管理会社の選び方
マンション管理会社のサービス内容とは?
マンション管理組合の困った!トラブル事例
そもそもマンション管理組合とは?

↑