マンション管理会社を徹底比較 HOME » マンション管理会社に不満があるときどうする? » マンション管理会社が掃除しないときどうする?

マンション管理会社が掃除しないときどうする?

マンション管理会社が掃除しない?住民のクレームを受けてエントランスや玄関の外を見ると、汚い共有部分が…!全然掃除されていない!

マンションの建物や建物周辺、マンションの共有部分はそもそも一体誰が掃除すべき場所なのでしょうか?

ここでは、清掃を依頼すべき管理者や、依頼しても清掃をしてくれない場合の対処法について調べています。

そもそも掃除は誰の役割?

清掃は基本的に管理会社が行なうもの

賃貸物件の下駄箱やエントランス部分などの共有部は、基本的に管理会社が清掃することになっています。

経営者であるオーナーには住民へ快適な環境を提供する管理義務が発生していますが、実はこの管理義務は大きく分けて2種類。

1つが建物に対しての管理義務で、もうひとつは入居者間のやりとりやトラブルに対応する、人に対しての管理義務です。エントランスやごみ置き場、廊下や階段、駐車場などの共有部分は、この「建物に対する管理義務」となります。

管理会社が行なう清掃業務は3種類

毎日のように住民が利用するため汚れやすい場所でもある共有部。これらの場所は定期的な清掃が必要です。

マンション管理会社が行なう清掃は大きく分けて3つ。日常清掃・定期清掃・特別清掃を行わなくてはなりません。

日常清掃

エントランスや廊下・通路、階段など、日常的に使われる共有部分の清掃です。利用頻度が高いので、常に清掃をして清潔に保つ必要があります。

とくにゴミ集積所は汚れやすいので重点的に清掃を行なう場所。駐車場や自転車置き場などの清掃も日常清掃に含まれます。

定期清掃

床や壁などの溜まった汚れをクリーニングする清掃。専門スタッフに依頼して行なうのが一般的です。商業ビルの場合は窓ガラスの清掃も含まれています。

特別清掃

日常清掃や定期清掃で取り除けない部分の汚れは特別清掃で対応します。

【レベル別】掃除をしてくれないときの対処法

マンション管理会社の業務のひとつであるため、ほとんどの管理会社は共有部の清掃業務を行なってくれるでしょう。

しかし中には管理費を支払っているにも関わらずきちんと業務を遂行しないマンションも。何度依頼しても管理会社が清掃をしてくれない場合、どういった対処をすればよいでしょうか?

【レベル:低】管理しているのがどこか確認して連絡

共有部分を管理しているのがオーナーなのか管理会社なのかをまず確認しましょう。一般的に家賃を集金しているのが管理会社の場合、管理会社の責任とみなすことができます。管理費を受け取っているのが管理会社であれば管理会社に責任があります。

オーナーに直接支払っていてもオーナーは窓口というだけで、管理費を管理会社に支払っている可能性も。その場合も管理会社側に清掃義務が発生しています。

住民はオーナーを把握しているならまず連絡してみましょう。分譲賃貸の場合、オーナーの責任は室内のみとなり、共有部分については関係ありません。

もし自分がオーナー側の場合は、住民からクレームが入ったらすぐに管理会社に連絡をとって善処してもらいましょう。

【レベル:中】共益費・管理費の支払いを拒否する

再三にわたり清掃を請求したにもかかわらず一向に清掃がされない、応じてくれない場合、住民は共益費の支払いを拒否することができます。

共益費を支払っているということはマンションの管理維持に対して料金を支払っていることになるのですから、場合によっては住民に共益費を返還請求される可能性もあるのです。

【レベル:高】内容証明を作成して通達

オーナー側にはマンションを管理維持する義務が発生しているので、住民が支払った共益費を受け取っていながらオーナーが管理会社に対し管理費を支払っていなかったのだとすると、オーナー側が「不当利益」を得たとみなされかねません。

共益費を受け取って管理費を支払っているにも関わらず管理会社が対処しない場合は、宅建協会や消費者センターなどの窓口に相談してみるといいでしょう。

管理人が常駐していない、または一向に対処してくれず、マンションオーナーとも、管理会社とも連絡がつかない場合、弁護士に相談して内容証明を作成し、管理会社に通達する方法もあります。弁護士に依頼してしかるべき方法で対処してください。

共有部の不具合も管理会社へ

清掃をしてくれない場合に限らず、例えば共有部の廊下の電球が切れた場合なども、まずは管理会社に連絡しましょう。部屋の目の前の電球だったとしても、外側の廊下の電球を取り替える管理義務があるのは管理会社です。

オーナーに責任があるわけではないので注意しましょう。少しでも疑問がある場合はまず常駐している管理会社の管理人に聞いてみることをおすすめします。

共有部のルールやマナーを守るのも大切

マンションや管理会社の方針によっては、ゴミ捨て場などの共有部分を住民の協力のもと清潔に保つルールが敷かれていることがあります。自治体のごみ収集のルールとの兼ね合いもあり細かく決められている場合も。

そのときには住民は協力して、マナーを守ってゴミ出しをしなければなりません。ごみを出す時間やルールに沿った分別をきちんと行って、共有部分をきれいに保つための協力も重要です。マンション管理会社はゴミ捨て場の清掃義務はありますが、ゴミ処理や分別の義務はなく業務外の作業です。マンションの管理人や管理会社を困らせないためにも、1世帯の1人ひとりがマナーを守って、共有部を利用することも大切なことです。

このページをチェックした人は他にもこんな記事をチェックしています。

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

評判のマンション管理会社リスト
管理会社のタイプ別メリット比較
知っておきたいマンション管理会社の選び方
マンション管理会社のサービス内容とは?
マンション管理組合の困った!トラブル事例
そもそもマンション管理組合とは?
マンション管理に関する最新コラム
マンション管理会社に不満があるときどうする?

↑