これからの時代のマンション管理方法ガイド » マンション管理の基礎知識

マンション管理で知っておくべき基礎知識

マンション管理の基礎知識

マンション管理で知っておくべき基礎知識を紹介しています。

マンション管理における基本ルールとは?

まず、マンション管理を主体となっておこなうのは管理組合です。区分所有者(分譲マンションを購入した人)は組合員となり、管理組合に所属します。よく「マンションの管理業務は管理会社が対応している」と捉えている人がいますが、それは管理組合から業務委託を受けた管理会社が業務をおこなっているだけ。あくまでもマンション管理の主体となるのは管理組合なのです。

また、管理組合のなかから理事メンバーを選出し、理事会を置くのが一般的。理事長は管理者となり、マンション管理の実行者と捉えられます。

ここでは、マンション管理に関する基本ルールについて紹介します。管理規約とはなにか、使用細則とはなにかなどについて解説しています。

マンション管理の基本ルールについて詳細を見る

マンション管理システムとマンション管理アプリの違いとは

マンション管理システムとは、管理会社向けにつくられたマンション管理のための便利なシステムのこと。マンションの契約情報などをソフトに集約できるため、効率よく管理をおこなうことができます。

一方、マンション管理アプリとは、管理組合や管理関係機関向けにつくられたアプリのことです。
たとえば自主管理をおこなっているマンションでは、「居住者の情報や共有部分に関する情報などの扱いに限界がある…」と感じている場合もあるでしょう。また、管理会社と業務委託契約を結んでいるものの「管理会社が信頼できないし、思い切って自主管理に移行したい」と考えているケースも。
その場合、マンション管理アプリを導入することで情報管理の手間がぐっと減ったり、管理にかかるコストを削減できるかもしれません。

マンション管理システムとマンション管理アプリの違いについて詳細を見る

マンション管理センターとは?

マンション管理センターとは、正式には公益財団法人マンション管理センターのことをさします。公益財団法人マンション管理センターは国が指定したマンション管理適正化推進センターであり、それぞれの管理組合が適切にマンション管理をおこなえるようサポートしてくれる団体です。

マンション管理センターではさまざまな活動をおこなっており、管理組合に向けた情報の発信や指導・助言、講習の実施などのほか、マンション管理に関する調査・研究やマンション管理士の試験・登録などもおこなっています。
マンション管理センターでは電話による相談も受け付けているため、「マンション管理で悩んでいる」「管理会社が信頼できない」などの場合は相談してみるのも良さそうです。

マンション管理センターについて詳細を見る

マンション管理のQ&A

マンション管理では疑問がいっぱい。使用する言葉も難しいものが多く、不安になってしまいますよね。
そこで、マンション管理に関するよくある質問をO&A方式でまとめてみました。「管理規約ってなに?」「管理規約を変更するには?」「総会を開く頻度はどのくらい?」「専有部分と共用部分の境界線は?」など、気になる疑問を集めています。
マンション管理の基本的な知識ばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。

マンション管理のQ&Aについて詳細を見る

マンション管理の強力助っ人アプリ クラセル