マンション管理会社ランキング HOME » 管理会社のタイプ別メリット比較 » 独立系

独立系

独立系管理会社にみられる特徴やメリット、管理を検討する際の注意点などをわかりやすく紹介します。

独立系管理会社とは

独立系管理会社とは、自社で営業を行い管理契約を受託している会社です。親会社や持ち株会社に左右されることなく、自社独自のサービスを打ち出したりリプレイスと呼ばれる管理会社の交替を管理組合に持ち掛けることで、契約を増やしています。

いわゆる経営努力という点では、デベロッパー系より柔軟でありサービスも多岐にわたることが多いようです。

独立系管理会社が行う管理には、さまざまなメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、そして管理を検討する際に知っておきたい注意点なども併せて紹介します。

それらの情報を総合的に判断して、自分のマンションにはどの管理会社が適しているのか、管理の是非を検討してみましょう。

独立系のメリット

独立系管理会社の持つメリットについて解説します。

費用が比較的安い

独立系管理会社のウリとして低価格を打ち出している会社も少なくありません。デベロッパー系と比較すると安い印象を受けることが多いでしょう。

中立的な対応

マンションを建設した会社とのしがらみがない第三者的な立場で管理を行います。そのため、管理組合と建物に関わる業者や企業との間で中立的な態度で対応してくれます。

比較的柔軟な対応ができる

しがらみがないため、デベロッパーや建設会社の意向に左右されることが少なく、管理組合からの要望にも柔軟に対応するところが多いといわれています。このような経営努力によって契約数を伸ばしているともいえます。

気を付けたいこんなこと

独立系管理会社には、気を付けておきたい注意点がありますので紹介します。

低価格な分サービスが充実していないこともある

最初に価格の安さから契約に繋がりがちですが、実際にはサービスがオプションであったり質が悪いといったケースもあります。

別な面でコストがかかることがある

通常の管理では低価格ですが、大規模修繕や改修工事などの際に高く見積もり、そこから収益を得るところもあるようです。

緊急時の対応が遅れることがある

コスト削減のために少人数で管理を行っている会社では、緊急時の対応に遅れが生じる可能性があります。

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

評判のマンション管理会社リスト
管理会社のタイプ別メリット比較
知っておきたいマンション管理会社の選び方
マンション管理会社のサービス内容とは?
マンション管理組合の困った!トラブル事例
そもそもマンション管理組合とは?
マンション管理に関する最新コラム

↑