マンション管理会社ランキング HOME » 管理会社のタイプ別メリット比較

管理会社のタイプ別メリット比較

マンション管理会社を「デベロッパー系」と「独立系」に分けて、それぞれの特徴やメリットとデメリットを紹介します。

マンションの管理会社にはいくつかのタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

管理会社には、大きく分けるとデベロッパー系と呼ばれるタイプと独立系と呼ばれるタイプがあります。その特徴を理解しておけば、管理会社の選択をする際に参考になるのは間違いないでしょう。

近年マンションの管理会社を変更する管理組合も増えています。サービスの多様化や業界内の競争の激化によって、顧客の争奪戦が始まっているともいえるでしょう。ただ、目の前に提示された条件だけで管理会社を決定するのはリスクが高すぎます。

高額な管理委託費をかけて委託するのですから失敗はしたくないものですね。区分所有者から徴収した管理費を有効活用するためにも、適切な管理会社の選択は管理組合の責任でもあるのです。

管理会社のタイプ別特徴やメリットデメリットの比較

デベロッパー系のマンション管理会社

大手不動産開発業者や商社、マンション建設会社などがグループ会社として設立した管理会社です。背後には大手親会社が控えているので名の知れた会社が多いと言えます。

また、親会社が建設したマンションの管理をトップダウンで請け負うことから経営の安定性は抜群です。

ディベロッパー系のメリット

  • 大手企業のグループ会社であることが多く、経営が安定している
  • ひとつのマンションに関わる人数が多く、手厚いサービスが受けられる
  • ブランド力があり、サービス品質が高い
  • 大きなバックボーンがあるのでフロント担当者や管理員の教育・育成に注力できる
  • スタッフの質が一定のレベルに保たれており、担当者が変わっても対応に大きな差が無い
  • 各マンションのフロント担当者間で情報の共有がスムーズ

ディベロッパー系デメリット

  • 管理委託費が高いケースがある
  • 親会社の意向が優先されることがある

デベロッパー系マンション管理会社のメリットをもっと詳しく

独立系のマンション管理会社

マンション管理を目的として設立し、自社で営業による契約を受託している会社をいいます。自力で委託契約を結ぶ必要があるため、比較的安価な管理委託費でサービスを提供してくれます。

独立系のメリット

  • 管理委託費が安い傾向にあり、対応が柔軟
  • 建設会社と管理組合を公平な目で見られる

独立系のデメリット

  • 管理委託費が安価な反面、サービスの質が劣ることがある
  • 修繕費用が高額になるケースがある
  • 緊急対応の質が悪いことがある
  • フロント担当者の対応に差が出ることがある

こうしてみると、相対的に安心できるのは、あらゆる角度からサポートを受けられるデベロッパー系といえるでしょう。

独立系マンション管理会社のメリットをもっと詳しく

それ以外にもある管理のタイプ

デベロッパー系や独立系以外にも自主管理という管理の方法があります。自主管理は、管理会社に委託せず管理組合が自ら管理業務を行う方式をいいます。

自分たちでマンションを管理するという意識の高さが居住者全員に生まれるなどメリットもありますが、細かい部分や専門的な部分にまで手が回らない、あるいはどうやっていいのかわらかないといったケースもあるので、必ずしもよいとはいいきれないようです。

また居住者の高齢化によって自主管理をするだけのエネルギーがないというケースでは、最終的には管理会社に委託することがよくあるようです。

自主管理の注意点をもっと詳しく

このページを見た人はこちらもチェックしています

 

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

評判のマンション管理会社リスト
管理会社のタイプ別メリット比較
知っておきたいマンション管理会社の選び方
マンション管理会社のサービス内容とは?
マンション管理組合の困った!トラブル事例
そもそもマンション管理組合とは?
マンション管理に関する最新コラム
マンション管理会社に不満があるときどうする?

↑