マンション管理会社を徹底比較 HOME » マンション管理会社のサービス内容とは? » マンション管理会社の管理規約改定が大切な3つの理由について解説

マンション管理会社の管理規約改定が大切な3つの理由について解説

 

なぜマンション管理会社の管理規約を改定する必要があるの?

国土交通省の『標準管理規約』は定期的に見直されている

マンション

マンションが新築されたときに、マンションの管理規約は必ず制定されていると思います。

この管理規約は、国土交通省が定めている「標準管理規約」をもとに作られているケースがほとんどです。

この標準管理規約は、より効率的に、かつ快適にマンションでの生活を送ることができるように考えて作られているので、マンション管理の管理規約を作成する際に参考にするのは適切です。

標準管理規約は、定期的に見直しが行われ、時代に合わせて更新されています。

これは、国土交通省がより快適にマンションでの生活を送るために、時代に合わせて改定を行っているので、マンションの住民や管理組合のことを考えたら、標準管理規約が改定されるとともにマンション管理の管理規約を改定するのは、ある意味当然といえます。

国土交通省が標準管理規約を改定するのは、「現在の管理規約は時代に対応できていない」と教えてくれているようなものなのです。

定期的に改定することでマンション内での生活が快適になる

分譲時に制定した管理規約は、その後どのように生活様式が変化していくかを想定して作られているわけではありません。

中古での売買が行われ、分譲時とは住民の年代層が変わっているかもしれませんし、ファミリータイプも変化していきます。

分譲時とは住んでいる住人が変わっているのに、管理規約が変わらなければ、マンションでの生活は快適なものにはならないでしょう。

また、分譲時はまだマンションができたばかりということもあり、管理規約があいまいである可能性もあります。

マンションの運営が落ち着いてきたときに、管理規約を見直すことで、マンション管理においてのルールをしっかりと作ることができ、円滑な管理を行うためのよいきっかけとなるはずです。

自分のマンションに合った管理規約が必要

ほとんどのマンションが、国土交通省が制定した標準管理規約をもとに管理規約を作成しますが、分譲時につくる管理規約はどのマンションも同じようなものであることが多いです。

しかし、それぞれのマンションによって大きさや住人のタイプ、設備などは異なるのですから、個々のマンションに応じたオリジナルの管理規約を作るべきではないでしょうか。

分譲時に想定できなかったことについても、マンション運営が落ち着いてきたら、「このマンションにはこのような管理規約が必要だ」ということがある程度把握できると思います。

標準管理規約の更新に合わせて、自分たちのマンションに合った管理規約を作ることは、マンション管理や運営をスムーズに行う上で非常に重要です。

こうした管理規約の改定は、1度改定して区切りをつけてしまうのではなく、標準管理規約の改定に合わせて都度見直しを行うのが理想的です。

標準管理規約の改定に合わせてマンション管理の管理規約も改定するというのはもちろんですが、改定までの間に住民からの要望があったり、マンション管理において変更を行うべき点は何かしら出てくると思われます。

標準管理規約の改定をひとつのタイミングとして、定期的に見直しを行いましょう。

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

安心してまかせられるマンション管理会社一覧

評判のマンション管理会社リスト
管理会社のタイプ別メリット比較
知っておきたいマンション管理会社の選び方
マンション管理会社のサービス内容とは?
マンション管理組合の困った!トラブル事例
そもそもマンション管理組合とは?
マンション管理に関する最新コラム
マンション管理会社に不満があるときどうする?

↑